top of page

​沿  革

 昭和60年台の当時、整形外科における基礎研究、なかでも関節リウマチ、変形性関節症などの研究における軟骨の重要性が謳われており、この機運を背景に、山本真先生、新名正由先生、藤井克之先生、岩田久先生を中心に「軟骨代謝に関する研究会」が発足され、昭和63年(1988年)第1回研究会が開催されました。
 本研究会の目的は整形外科医と基礎研究者の交流の場とし、臨床、基礎、両者から問題点を提起し討論し合うことです。
 本研究会は平成7年(1995年)第8回に学会へと成長し、我が国の基礎研究者あるいは整形外科で基礎研究に従事している人々の間で、現在も発展し続けています。

新着情報

第36回日本軟骨代謝学会 2024年2月16日(金)~17日(土)

学術集会参加に際し、オンラインにて事前参加登録をお願いします。


<事前参加登録ページ>
 

日本整形外科学会の教育研修講演の単位申込も、当日現地での現金による参加登録は行いませんので、ご参加いただく先生方は来場までに事前参加登録をお済ませくださいますようお願いいたします。

第36回日本軟骨代謝学会_0815ポスター.png
bottom of page